このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

ホーム   >   利用案内   >   借りるとき・返すとき

本文ここから

借りるとき・返すとき

利用券を必ずご持参ください。
貸出、返却は、図書館職員に手渡しから『セルフ貸出機』『セルフ返却機』での手続きへと変わります。タイトルを職員にも見られずに、ご自分でスムーズに手続きができます。

※利用券がない場合、セルフ貸出機、セルフ予約受取コーナー等はご利用いただけません。

貸出冊数と期限

  • 本・雑誌など 全館あわせて1人10冊2週間
    (うち新刊扱いの雑誌1人1冊1週間・貸出用レファレンス資料は1週間)
  • 視聴覚資料(CD・DVD・ビデオテープ・カセットテープ) 中央図書館のみで1人3点1週間

※視聴覚資料をお借りになれるのは来館された中学生以上の方です。

※なお、映像資料は著作権処理のため、市販価格より高額になりますので、取扱いにはご注意下さい。
また図書館用に装備された視聴覚資料をパソコンやカーステレオなどスロットインタイプ(吸い込み式)、CDチェンジャー(連奏形態機器)での使用は故障の原因となる場合がありますので、お控えください。

返却期限日までに読み終わらない場合

次に予約でお待ちの方がいなければ、下記内容で貸出期間の延長ができます。

  • 延長は1回のみ(2回目以降はできません)
  • 貸出期間内に延長すると、手続きした日から2週間の延長になります。
  • 最初の貸出日から最長で4週間まで
    ※新刊扱いの雑誌、レファレンス資料、視聴覚資料は延長できません。
  • 図書館ホームページ(インターネット・スマートフォン・携帯電話)及び図書館内の利用者用検索機の「マイページ」からご自身で直接、延長の手続きができます。
    マイページへのログインはこちら
  • 図書館ホームページまたは図書館内の利用者用検索機での手続きには、前もってパスワードの登録が必要です。
    パスワードの登録(再登録の方を含む)はこちら
  • パスワードを登録されていない方でも、カウンターまたはお電話にて延長手続きの受付をいたします。

返却場所と返却ポスト

  • 資料(視聴覚資料を除く)はどの市立図書館(移動図書館を含む)でも返せます。また、都立図書館などからの借用のものを除き、小山市民センター・南町田駅前連絡所・子どもセンターぱお分館・成瀬コミュニティセンター・玉川学園駅前連絡所でも返せます。
    図書館以外の施設での予約資料受渡しサービスについてはこちら
  • 視聴覚資料(CD・DVD・ビデオテープ・カセットテープ)は中央図書館視聴覚カウンターに直接お返しください。
  • 図書館が閉館している時は「返却ポスト」へお返しください。返却ポストは、各図書館の出入り口付近にあります。開館時間中は利用できません。直接カウンターへお返しください。          *堺図書館は午前7時30分~午後10時まで(開館時間を除く)の時間に利用できます。
  • 下記の資料はこわれやすいので返却ポストには入れず、直接カウンターにお返しください。これに反して資料を紛失・破損した場合は、弁償していただくことがあります。
    • 視聴覚資料(CD・DVD・ビデオテープ・カセットテープ)
    • CD、DVDが付いている図書、雑誌
    • 都立図書館などから借用した資料(ビニールカバーが付いています)

返却期限はお守りください

限られた資料を多くの方にご利用いただくために、図書館では定期的に督促を行っています。
督促してもご返却いただけず返却期限日より28日を経過した場合は、新たな貸出・リクエストサービスはお断りさせていただきます。
※延滞している資料をお返しいただければ貸出・リクエストサービスを再開いたしますが、他の多くの利用者のためにも、返却期限はお守りいただくようにお願いいたします。

資料を紛失・汚損・破損したとき

借りている資料を紛失・汚損・破損したときは、原則として同じものを弁償していただきます。
貸出手続きをする前にお客様ご自身で資料に異常がないか、ご確認いただくようお願いします。

このページの先頭へ